千葉県市川市で29年の信頼と実績! 
相続・税務・会計は 高本税理士事務所
お気軽にお問い合わせください
047 - (302) - 8777
お問い合わせフォーム

高本コラム第4回:平成29年分 確定申告に向けて

​所長の高本です。

そろそろ、皆様のお手元にも、生命保険会社から確定申告用の控除証明書が届きはじめている頃かと思います。

今回は、確定申告を取り巻く近況について、いくつかお話したいと思います。


所得税の確定申告とは


 日本の納税方式は、原則として申告納税方式を採用しています。

これは、個人が「私の1年間の所得は*円でしたので、対応する所得税は*円です」と申告し、納税する方法です。

つまり、個人には、原則として、確定申告義務があります。

所得が給与所得のみで、年末調整が行われている場合など、サラリーマンのかたの中には、確定申告をしたことがない人もいらしゃると思いますが、これは、確定申告不要の特例を受けている場合になります。

確定申告をしたほうが良い場合


確定申告不要の人であっても、確定申告をしたほうが良い場合があります。

住宅ローン控除や医療費控除などは、良く知られていますが、所得税には、この他にも所得控除や税額控除があり、そのほとんどが確定申告を要件としています。

たとえば次のような場合には、確定申告をすることにより、控除を受けることができます。
  •  雑損控除

災害・盗難・横領により、所有する家財等に損害を受けた人については、雑損控除として一定額を所得から控除することができます。

  • 寄附金控除

特定寄附金をした場合に、一定額を所得から控除することができます。特定寄附金は、国や地方公共団体、特定公益増進法人など、特定の者に対する寄付に限られます。

また、政党や認定NPO法人・公益社団法人等に対する寄付金で一定のものは、税額控除の適用を受けることができます。

  • 住宅改修をした場合

一定の要件に該当する住宅の耐震改修・バリアフリー工事・省エネ改修をした場合には、税額控除を受けることができます。


​便利な電子申告


マイナンバー制度の開始に伴い、マイナンバーカードを使用して電子申告ができるようになりました。

電子申告とは、パソコン上で確定申告書を作成し、住基カードもしくはマイナンバーカードの電子証明書を添付して、インターネット経由で確定申告書を提出する方法です。

税務署に行く必要がないため、非常に便利な方法です。

納税についても、ネットバンクや振替納税(銀行口座からの自動振替)、クレジットカード納付などが可能となっていて、金融機関に行く必要がありません。

スイッチOTC医薬品


平成29年に医療費控除が改正され、医療費控除を受ける場合に、

1.従来の医療費控除(医療費を10万円超支出した場合)
2.セルフメディケーション税制(スイッチOTC医薬品を12,000円超購入した場合)

のいずれかを選択することができるようになりました。

セルフメディケーション税制の対象となる医薬品は、「セルフメディケーション税控除対象」というマークが書かれている医薬品が該当します。

病院にはあまり行かず、ドラッグストアで風邪薬等を購入する事が多い人など、いままで医療費控除の恩恵を受けることが難しかった人についても、医療費控除を受けられる幅がグッと広がりました。

平成30年からの配偶者控除・配偶者特別控除の改正


これは来年の話になりますが、共働きの家庭を支援するため、平成30年から、配偶者控除・配偶者特別控除について改正が行われます。

配偶者の年収の、いわゆる103万円の壁が、配偶者特別控除と併せて、150万円に引き上げられます。

この他、配偶者特別控除の対象となる配偶者の年収も、141万円から201万円に引き上げられました。

ただし、配偶者が社会保険料を負担することになる106万円・130万円の社会保険の壁については、残念ながら変更されていませんので、この改正の実効性には、多少疑問が残ります。

なお、平成30年から、配偶者控除の適用を受ける申告者について合計所得金額が1,000万円を超えると、配偶者控除の適用が受けられなくなりますので、注意が必要です。

終わりに


最近は、税務署も非常に親切に対応してくれます。

また、国税庁のホームページには、「確定申告期に多いお問合せ事項Q&A」というQ&Aリストがあります。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm

確定申告についてご不明な点は、悩まずに、まず、最寄りの税務署に問合わせてみることをおすすめします。
高本コラム第3回:生産緑地制度2022年問題

ログインしていただくと、顧問先向けのコンテンツがご覧いただけます。