千葉県市川市で29年の信頼と実績! 
相続・税務・会計は 高本税理士事務所
お気軽にお問い合わせください
047 - (302) - 8777
お問い合わせフォーム

経理の合理化ガイドを更新しました

 経理の合理化ガイドを少し更新しました。

今回は、ペーパーレス会計での、クレジットカードの利用です。

SUICAやnanacoなどのICカードは、小口現金の代わりとして活用します。

直接現金を前渡しするかわりに、チャージしたICカードを渡して、「チャージ代金」で経費計上することを狙ったものです。

ICカードは少額の決済に使用しますが、携帯電話料金や電気料金等は、ICカードでは支払えません。ここで使用するのが、口座引落しやクレジットカードになります。


クラウド会計には、ネットバンクやクレジットカード会社のホームページから、入出金明細・利用明細を定期的に取得する機能があります。明細を自動で取り込んで、会計仕訳を自動生成するわけです。


また、クラウド会計には学習機能があり、一度教えれば、その後は自動で同じ仕訳処理を行います。

例えば、クレジットカードの利用明細に「東京電力」と記載があれば、その金額は水道光熱費として会計仕訳を生成しなさい、といった指定ができます。

クラウド会計にも初期登録された学習項目がありますが、完全ではありません。このため、使い始めに学習させる手間が多少かかりますが、1度設定してしまえば、あとは自動処理されるようになります。


既にネットバンクや法人クレジットカードを使用している会社は、クラウド会計を活用することで、帳簿作成・経費精算・残高照合などの経理を、一気に合理化できる可能性があります。

合理化コラム第1回:システムに使われるか、システムを使うか

ログインしていただくと、顧問先向けのコンテンツがご覧いただけます。